2005年07月31日

太陽系第10惑星発見

といってもまだ決定したわけではありませんが。
2003UB313という天体が太陽系第10番目の惑星となる可能性があるという記事です。


太陽系で10番目となる新たな惑星を発見したと、米航空宇宙局(NASA)が30日、発表した。惑星は冥王星や海王星の軌道より外側で、氷の塊が集まったカイパーベルトと呼ばれる帯の中にあり、冥王星より大きいとみられるという。

 この天体が、惑星かどうかは今後、大きさなどを基に国際天文学連合で議論される。惑星と確認されれば、地球の“兄弟星”の発見は1930年の冥王星以来となる。

http://www.sankei.co.jp/news/050730/sha049.htm


123932main_newplanet-516.jpg
credit: Samuel Oschin Telescope, Palomar Observatory

NASA-Funded Scientists Discover Tenth Planet (NASA)
上のリンクに更に詳しい情報があります。

2003UB313はカイパーベルトという海王星の軌道付近よりも外側にある環状の領域に見つかりました。
反射率が明らかでないため推定される大きさには誤差があると思われますが、
冥王星よりは大きな天体なようです。

夏のIAU (国際天文学連合)の総会で2003UB313の名前が決められ、
惑星とするかどうかの議論がなされるそうです。

これまでにもセドナやクワオワーのように冥王星に大きさの近い天体が見つかっていますが、大きさは冥王星に及ばずいずれも惑星とは見なされませんでした。

問題なのは、惑星の定義が存在していないことで、
単に大きいだけで惑星とするのかどうか議論になると思われます。
カイパーベルトには冥王星級の天体が他にも存在する可能性があり、
この天体を惑星とするのか、それとも、冥王星が格下げされるのか、冥王星を特例とするのか今後の行方が注目されるところです。
posted by sushi at 13:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

ソリタの名前の由来

「ソリタ」とはよく輸液に用いられる電解質輸液薬の一つです。
ソリタ-T1号、T2号、…のように、1号〜4号まであり、それぞれ電解質の組成が違います。

ソリタという名前は、東大の高津教授が開発したことから
solution of takatsu
を略(?)したものだそうです。

では、「T」は何かというと、販売元の武田薬品と高津教授のTからとっているそうです。

ニュースでもなんでもないのですが、今日たまたま知ったので載せてみました。

-------------------------
他に、薬剤の名前の由来で有名なものとしては、
ドラマの「ER」でのエピソードでも紹介されていた、利尿剤のラシックスがあります。
これは効果持続時間が約6時間であることから
lasting for six hours
を略してラシックスとなったそうです。

他にも面白い由来の薬剤名は沢山あります。例えば、
統合失調症などに用いられるウインタミンは、
人工冬眠→冬眠→winterミン→ウインタミン。
抗うつ薬のデパスは、
デプレッション(鬱)をパスする→デパス
などなど。

-reference
http://www1.coralnet.or.jp/mihara/hbst/HBSTc.html Hyper Bed Side Training
http://square.umin.ac.jp/~jin/text/alphabet.html 薬剤名に付けられているアルファベットの意味
posted by sushi at 02:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。